Top > みたらしだんごの起源

みたらしだんごの起源


甘さ控えめツルリとしたのど越しのくず餅とお醤油の香ばしいタレのみたらし団子をお届け。08042...

 

みたらしだんごは「御手洗団子」と書くように、京都の下鴨神社近辺で、葵祭や御手洗詣で(土用の丑の日の無病息災を祈る行事)の際に売られていたものです。

みたらしだんごの起源は、一説によると、「下鴨神社境内にある御手洗池(みたらしの池)の水泡を模して作られた」ということだそうですが、いずれにしても、みたらしだんごの成立は室町時代以降だと思われます。

みたらしだんごは、当初は単なるお菓子ではなく、神社の御神饌(神饌菓子・お供え)として作られていたようです。そして、昔は祭の際には下鴨神社近辺にみたらしだんごのお店がたくさん並んだということですが、現在では「加茂みたらし茶屋」の名で親しまれている「亀屋粟義(かめやあわよし)」のみとなってしまいました。この「亀屋粟義」のみたらしだんごは、5つの団子を串に刺したもので、一番上の団子がほかの4つから離れているのが特徴。このみたらしだんごのしょうゆ餡はとろりと濃厚で、香ばしく焼かれた団子にその甘辛さがよくマッチし、絶品とも言えるものに仕上がっています。

みたらしだんごは後に岐阜の高山にも伝わり、こちらも名物になりました。ただし、こちらのみたらしだんごはしょうゆのみで焼くため、甘くはありません。

 

 アナ・スイ1  アナ・スイ2  ブルガリ  クリスチャン・ディオール
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
みたらしだんごとは(2009年8月19日)
みたらしだんごの起源(2009年8月19日)
みたらしだんごの基本的な作り方(2009年8月19日)
みたらしだんごの作り方におけるコツ(2009年8月19日)