Top > みたらしだんごの基本的な作り方

みたらしだんごの基本的な作り方


45万本突破!!お醤油の香ばしいタレがいっぱい!みたらし団子8本入gwグルメポイント【10】【GW...

 

みたらしだんごは、串で刺してあぶった米粉の団子に、しょうゆ味の葛餡をかけたもの。もともとは神社の神饌(神様へのお供え物)であり、家庭料理ではありませんでしたが、ほかの和菓子の例に漏れず、作り方さえ押さえれば、誰でも簡単に家庭で作ることができます。

みたらしだんごの基本的な作り方の例としては、
〔材料〕3連のみたらしだんご8個分
・上新粉(または白玉粉) 200グラム
・ぬるま湯 200cc
(たれ)
・しょうゆ 大さじ2
・砂糖 60グラム
・片栗粉 大さじ2
・水 120cc

(1) 上新粉にぬるま湯を加えてよくこねる。
(2) (1)を8等分し、さらにそれをそれぞれ3等分して団子に丸める。
(3) 湯を沸かし、(2)を入れて茹でる。団子が浮き上がってきてから2分くらい茹で、冷水に取っておく。
(4) 団子の水気をよく切り、3つずつ串に刺す。
(5) たれを作る。鍋にたれの材料をすべて入れて弱火にかけ、沸騰後、透き通ってとろみが出るまで焦げないようにかき混ぜる。
(6) 団子にたれをかけて出来上がり。

このみたらしだんごの作り方では団子を茹でてみましたが、焼き網で焼いて焦げ目を付けると香ばしくておいしいです。ぜひ自分流のおいしい作り方を研究してみてください。

 

 エステ  パチンコ・スロット  生命保険  介護・福祉
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
みたらしだんごとは(2009年8月19日)
みたらしだんごの起源(2009年8月19日)
みたらしだんごの基本的な作り方(2009年8月19日)
みたらしだんごの作り方におけるコツ(2009年8月19日)